ボクシングの世界チャンピオン奪取最短記録者は誰だかわかりますか?

  233ボクシングの世界チャンピオン 奪取最短記録者は誰だかわか りますか? ハイ! わかりました(^^) 次の方ですのでよろしく。  



スポンサードリンク

 

ボクシングの世界チャンピオンの発表です。

1976年10月10日、ジュニアフライ旧(現在のライトフライ級)で、具志堅用高選手はプロになって9戦目で世界チャンピオンになりました。当時、プロ9戦目での世界チャンピオンは、日本ジム所属選手としては最短記録でした。  

234

その後、その具志堅用高選手の最短に並ぶ選手は11年間も現れなかったのですが、1987年10月18日に行われたストロー級(現在のミニマム級)タイトルマッチで、井岡弘樹選手がプロ9戦目で新王者となり、具志堅用高選手の記録に並びました。   238


スポンサードリンク

その2人の記録は、その後2011年2月11日に井岡一翔(いおか かずと)選手によって塗り替えられ、2011年2月現在で、井岡一翔選手のプロ7戦目でのチャンピオンが最短記録となっています。   237

ボクシング世界チャンピオン奪取最短記録の推移

7戦目(2011年2月11日)…井岡 一翔(ミニマム級) ・8戦目(1991年9月19日)…辰吉 丈一郎(バンタム級) ・8戦目(2006年7月22日)…名城 信男(スーパーフライ級) ・9戦目(1976年10月10日)…具志堅 用高(ジュニアフライ級) ・9戦目(1987年10月18日)…井岡弘樹(ストロー級)   井岡一翔選手は、井岡弘樹・元世界チャンピオンの甥っ子で、1989年3月24日に大阪府堺市で生まれ、中学1年生でボクシングジムに入りました。

大阪の興国高校2年と3年のときに、高校総体・国体・選抜大会を制して、史上3人目となる高校6冠を達成しています。  

その後、アマチュアボクシングの強豪と言われる東京農大へ進学し、北京オリンピックを目指していたのですが、代表権がかかった全日本選手権の決勝戦で、わずか1ポイント差で敗れ、北京オリンピック出場の夢は絶たれました。  

しかし、大学を中退し2009年にプロに転向して、上記の通り日本人最速となるプロ7戦目での世界チャンピオンとなりました。ちなみに、井岡一翔選手はミニマム級でチャンピオンになりましたが、本来は1階級上のライトフライ級の選手です。  

【ライバルに差を付けるには、瞬時の状況判断が必要!】 【1日15分あれば効率よく動体視力をアップさせられる!】    


スポンサードリンク