殺虫剤が全く効かない「スーパーゴキブリ」を作りだしたのは人間だ!

ma114みんなから嫌われてる【ゴキブリ】くん
生きてる化石と言っても過言ではない【ゴキブリ】くん
ゴキブリくんの誕生は、今から約3億年前です。
人間が誕生したのは、人間に近い形になって約600万年~500前です。



スポンサードリンク

殺虫剤が全く効かない「スーパーゴキブリ」とは?

スーパーゴキブリとは

毎年繰り返される【ゴキブリ】VS【人間】との闘い

新しい薬剤を開発しては、その効果をゴキブリで試す

ゴキブリの方も負けてはいません。

ゴキブリは警戒心を持ちながら薬剤に対しての抵抗力を付けていきます。

新しい薬剤に勝ち抜いたゴキブリが卵を産む際に耐性のできた遺伝子に変化し、

より抵抗力の強いゴキブリが生まれてくると考えられてます。

それが【スーパーゴキブリ】です。
つまり人間が強いゴキブリを作った様なものです。

本来にゴキブリくんは、塩以外は何でも食べるので餌に困る事はありません。

ゴキブリには種類があり、一般家庭で多く見られるのがクロゴキブリ。

ma116

薬剤に耐性を持ちやすいのは、店舗などで多く見られる茶色のチャバネゴキブリなのだとか。

ma115


スポンサードリンク

したがって一般家庭ではそれほど心配する必要は無さそうだが、絶対に居ない訳ではない。

注意  (害虫駆除専門業者より引用)

薬剤を無暗にまき散らすと繁殖を促してしまうので、見かけた際はスリッパなどで確実に仕留めることが肝心です。

ほかに自分で出来ることといえば、外部からの侵入を防ぎ、清潔を保つといった地道な努力を続けるしか無いだろう。

終わることのない人間vsゴキブリの戦い。

スーパーゴキブリを生み出したのは人間自身というのだから皮肉なものだ。

ゴキちゃんを一匹でも減らす対策として?

ゴキちゃんは意外と頭が良くて学習能力があるんです。

ゴキは、各家庭の中で何処が安全で隠れるのに一番いいのかを既に探してます。

普段は秘密の場所に隠れていて夜中になってから、住人が寝たのを確認して活動

をし始めます。

1.エサ・水を求めて
2.暑さや寒さをしのぐ為に徘徊します。
3.交尾相手を求めてナンパしに行きます。

ゴキブリに肩透かしを喰わせる為に、特に台所まわりは残飯を処分して綺麗にして

就寝する。家の中をいつも掃除して清潔にする。

またゴキブリは、こんなところから侵入して来ます。

・風呂場(排水口・窓)
・キッチン(排水口・窓・流し下のパイプ導入)
・トイレ(排水口・窓・汲み取り式便器)
・エアコン(導入部・室外機ホース)
・換気扇
・屋根のすき間
・壁のひび割れ
・玄関
・窓

などなどです。

如何でしたか?

少しでも参考になれば幸いです。


スポンサードリンク

コメント