プロ野球オープン戦と練習試合違いって?観戦するのにお金は掛かる?


127プロ野球のオープン戦とは様々

な競技大会において、公式の

試合の期間の前後もしくは合間

などに行われる非公式の試合の

こと。その目的は、親睦や交流、調整、場合によっては興行などです。



スポンサードリンク

オープン戦の試合数の決め方

プロ野球の公式戦や交流戦は、セ・リーグとパ・リーグによって管理されており、試合数などは規定に沿って決められています。

しかし、オープン戦や練習試合には規定がなく、監督の考えやチーム事情などを考慮して試合が組まれています。

オープン線は、毎年100試合ほど行われていますが、2月中旬~下旬はキャンプ地の近くで行われ、3月に入ると各球団の球場で行われるようになります。

ちなみに、試合数はチームによって違うため、20試合くらい行うチームもあれば10試合程度のチームもあります。

オープン戦の対戦相手は、球団同士で営業担当者が話し合いをして決めています。セ・リーグとパ・リーグ12球団の担当者が行う会議は定期的に開かれ、その会議で情報交換をしながら、毎年12月までにオープン戦の対戦カードを決めています。

日本プロ野球の連続試合出場記録って誰が持っているの教えて欲しい?

沢村賞(沢村栄治賞)の選考基準と?これまでの歴代受賞者の一覧!


スポンサードリンク

その判断基準としては、収支・球状の使用状況・チームの移動などです。ちなみに、選手たちがペースを乱さずスムーズに調整できるように、ドーム球場での試合が多くなる傾向にあります。

オープン戦と練習試合の違い

129

プロ野球のオープン戦は、観客は入場料を支払って観戦しなければなりませんが、練習試合は基本的に無料となっています。そのため、練習試合では球団に入場料収入は発生しませんが、経費を抑えるメリットがあります。練習試合の日程は、キャンプ日程などを考慮して組まれることが多くなってきました。

韓国のプロ野球チームの中には、沖縄県でキャンプをするチームもあり、日本のチームと韓国のチームが練習試合をすることも増えてきています。

生き残りをかけたアピールの場でもある

主力選手にとっては、オープン戦も練習試合も調整の最終段階という感じですが、レギュラーになれるかどうか微妙な選手など多くの選手にとっては、生き残りをかけたアピールの場となります。なお、首脳陣や野球解説者などにとっては、選手たちのデータ収集をするための大切な場となります。

「練習試合」は、チーム間の合意のみで開催でき、原則無料で行われます。海外球団や、社会人チームと試合をすることもあります。
申し合わせにより「後攻チームがリードしていても9回裏の攻撃まで行う」、「一度交代した選手を再度使っても良い」などという、特別なルールを設けることも可能です。


スポンサードリンク