周富徳さん誤嚥性肺炎で亡くなる!この誤嚥(ごえん)って何なの?

292中華の料理人の「周富徳」さんが 8日の午後11時37分、誤嚥 (ごえん)性肺炎のため横浜市 中区の病院で亡くなりました。 享年71歳。葬儀は近親者で 行った。



スポンサードリンク

周富徳 (しゅう とみとく)

生年月日: 1947年3月11日 (享年71歳)
出身地: 横浜市中区の中華街 両親は中国は広東出身の在日中国人の2世 周富徳さんには、兄の「周富新」と二人の弟さん「周富安」周富輝」さんがいます。  

293

周富徳さんは、横浜の中華街で料理人の父親の仕事を見て育ったので18歳で料理の道に進む。  

新橋「中華飯店」で修行を積み、京王プラザホテル「南園」を経て、「聘珍樓」、「赤坂璃宮」で総料理長を歴任。

1993年、「広東名菜富徳」青山店のオーナーとして独立。   その後、店舗「富徳」「王宮」「王宮茶房」を開店するが、いずれも現在は閉店している。  

更に、『料理の鉄人』(フジテレビ系)では大親友でもある初代和の鉄人、道場六三郎との戦いでの活躍も有名である(対戦結果は1勝1敗)。  

その後、セクハラ疑惑や脱税疑惑(税金の申告漏れ)でブームは縮小するも、中華料理店を多数経営していたほか、各地で講演活動を行っていた。  

周富徳さんは、昨年の夏頃から体調を崩していた。  


スポンサードリンク

2014年4月8日の午後11時37分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため横浜市中区の病院でお亡くなりました。   享年71歳。葬儀は近親者で行った。    

誤嚥(ごえん)性肺炎とは?

  嚥下(えんげ)  と  誤嚥(ごえん)性肺炎  

高齢者にとって肺炎はとても恐い病気です。肺炎が死につながるケースも多く、高齢者やその家族にとって日常的な健康課題となります。  

そこで、肺炎を引き起こすきっかけとなりうる嚥下障害や高齢者に多い誤嚥性肺炎について理解し、予防と日頃の健康管理に役立てましょう。    

高齢者に多い誤嚥性肺炎

誤嚥とは、唾液や食物、胃液などが気管に入ってしまうことをいいます。その食物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こるのが誤嚥性肺炎です。  

起きているときに気管にものが入ればむせて気づきますが、眠っている間に唾液を少しずつ誤嚥することがあり、これは気づきにくいものです。  

最悪の状態では脳死になります。  

誤嚥性肺炎の予防は   食事の際は、食べ物を小さくして貰って小量づつ食べるしかないです。

それと周りの人間が年寄りの食事中は特に注意して見ていることです。  

嚥下障害とは?

食物を噛んだり、唾液や噛み砕いた食物を飲み下したりすることができにくくなる状態です。  

私たちは食物を口のなかで噛み砕く→舌を使って口の奥に送り込む→ 嚥下する、といった流れで食事をします。   このとき、口の奥の天井の部分(軟口蓋)が鼻腔を塞ぎ、気管のふたである喉頭蓋が閉じます。

これによって口のなかのものが気管や鼻に入り込むことなく、食道から胃へと送り込まれるのです。  

しかし脳卒中や脳神経系や筋肉に障害を生じた場合、一連の動きに支障が起こります。これが嚥下障害で、以下のような症状がみられます。  


スポンサードリンク