女優の「仲間由紀恵」結婚!相手は?アイドル時代は?黒歴史って何?

  nakama09 女優の仲間由紀恵さんが、 2014年9月18日、女優の 仲間由紀恵(34)が俳優の 田中哲司(48)と入籍したこと を、所属事務所のファクスを通じて発表しました。  



スポンサードリンク

まず定番の二人のプロフィールからです。

 
田中哲司
仲間由紀恵
本人写真
生年月日 1966年2月18日 48歳 1979年10月30日 34歳
本名 田中 哲司 (たなか てつし) 仲間由紀恵 (なかま ゆきえ)
芸名 同じ 同じ
出身地 三重県鈴鹿市 沖縄県浦添市
身長 182cm 160cm
3サイズ   B78-W59-H80 45kg (公称)
血液型 A型 A型
職業 俳優 女優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ テレビドラマ・映画・CM・舞台
活動期間 1994~ 1994~
配偶者 仲間由紀恵 田中 哲司
事務所 鈍牛倶楽部 プロダクション尾木

 

仲間由紀恵さんが結婚されました。

2014年9月18日に、女優の仲間由紀恵(34)さんが同じく俳優の田中哲司(48)さんと入籍したことをファックスを通じて発表しました。

お相手の田中哲司さんとの馴れ初めは、2003年のドラマ「顔」で共演、更に2007年にドラマ「ジョシデカ! 女子刑事」でも共演したのキッカケに最初は友達から徐々に二人の距離が縮まり、2008年には恋愛関係に発展して交際するようになりました。

そして、6年の愛を育み今回の結婚になった訳です、尚、本人達の仕事の都合と希望で結婚会見や結婚披露宴を行うのは考えてないそうです。

これは余談ですが、田中哲司さんの顔は良く知られてても名前が中々出てこない、そんなことで仲間由紀恵さんの結婚と聞いて相手が俳優の田中とくれば・・・ 田中要次さんと思った人もいた様です。

要次さんは2004年に年7月7日に結婚してるのにね。 9月19日、田中要次(51)さん自身のフェイスブックで、仲間由紀恵さんの結婚相手と間違い勘違いされたことが多かったとコメントしてました。 >

恐らく田中哲司と言われても、田中要次さんの顔が真っ先に思い浮かんだのでしょうね。(^^)< 

nakama20

田中哲司さんはこんな人です。

  0-557
音響系の専門学校に通うために上京するも、アルバイト仲間の大学生が楽しそうであったため大学進学を決意します。

小林薫に憧れて演劇を志す。日本大学藝術学部演劇学科卒業をして]。役者になります。

蜷川カンパニー、ZAZOUS THEATER作品、その他、串田和美、岩松了、らの演出家の舞台作品に数多く出演。

2005年には新国立劇場で上演された舞台『城』に主演した。 文藝役者であったが、近年はテレビドラマ、映画への出演も徐々に増えて行きます。

演技派俳優で映画やドラマで独特の存在感を持ち放技巧派俳優の地位を確立します。 田中哲司さんの趣味は、実家が造園業をやってる関係で田中哲司さんの趣味は当然にガーデニングです。自宅のルーフバルコニーでは多くの植物を育てている。

植物の知識も豊富であり、共演者から草木の世話に関する相談を受けることもあるそうです。

ところで、最初、俳優の小林薫さんに憧れて芸能界に飛び込みましたが、現在ではその小林薫さんと飲み仲間になってると言うことが本人は信じられないようです。  

仲間由紀恵さんのアイドル歌手時代と、黒歴史って何なの?

仲間由紀恵さんは5兄弟で一番末っ子です。 姉→兄→兄→兄→本人

nakama26


スポンサードリンク

1993年 工藤静香さんに憧れて地元沖縄のタレント養成所(タレントアカデミー)に入学します。

1994年 沖縄テレビ放送「青い夏」のオーディションでグランプリを獲得してドラマデビューします。

1995年 「青い夏」のドラマプロデューサーから芸能事務所として東京の「プロダクション尾木」を紹介され、憧れの工藤静香さんもこの事務所に在籍してたので上京を決意したそうです。

1996年 アイドルグループの「東京パフォーマンスドール」に研究生として在籍する。この東京パフォーマンスドールの活動期間は1990年~1996年に自然消滅して解散になる。 このグループで中心的に活躍してたのが、後に大女優の篠原涼子がいましたが1964年に退団してます。

仲間由紀恵さんは、歌の方ではバツトしなかった見たいです。

1966年6月21日 小室ファミリーの2軍監督、久保こーじの作曲・プロデュースで、アイドル歌手としてプレイステーション専用音楽ソフト「EllePhotoStation」で『MOONLIGHITtoDAYBREAK』を リリースして話題を呼び、センセーショナルなデビューを飾ります。同24日には同名のシングルCDをアンティノスレコードからリリースします。  

nakama28

Yukie Nakama – Moonlight To Daybreak動画

1967年8月 この年の8月にリリースした4thシングル『負けない愛がきっとある』と「ONE MORE CHANCE」はPS用ゲーム『ロックマンX4』のOP、ED曲で採用され、同ゲームのCMにも出演。 『ONE MORE CHANCE』はアニメ『みすてないでデイジー』のEDテーマとしても採用されます。  

nakama31

RockmanX4 OP -「負けない愛がきっとある」動画

仲間由紀恵さんの黒歴史   この黒歴史と言う言葉は、ネット用語で「自分の過去を消したい」時に使うそうですが。 仲間由紀恵さんの場合は、この黒歴史に当てはまらないと思います。だって、本人が自分の過去を消したいとか、恥だとも思ってないからです。

仲間由紀恵と篠原涼子が共演NG  二人は犬猿の仲なの?

nakama27

  この真相はこうです!

篠原涼子さんが18歳のときに、アイドルグループの「東京パフォーマンスドール」で中心的な存在で活躍してた時の話です。 このアイドルグループは、かなりの体育会系で、上位のみTV出演やPV出演などがあり、実質人気の無い格下のメンバーはまさに「付き人状態」だった。

つまり、人気のない仲間由紀恵は、トップの篠原涼子の世話を焼かなければならなかったという事なのである。 なんと、後輩が先輩の靴下を履かせるのは当たり前の封建的関係だったとか。その時から、仲間由紀恵と篠原涼子の犬猿の仲は始まったようだ。 仲間由紀恵は、この時の屈辱をわすれずに、辛酸をバネにし、努力を重ねてトップまで登りつめたとか。 ちなみに現在でも二人の共演はNGとなっている。

だそうですが、この話には重大な誤りがあります。 この『東京パフォーマンスドール』と言うグループは、1960年~1966年まで活動してて、篠原涼子さんは1964年にグループを脱退してます。

仲間由紀恵さんは、『東京パフォーマンスドール』に1966年に研究生としてグループに参加してます。 もうお分かりですね。 仲間由紀恵さんと篠原涼子さんは、『東京パフォーマンスドール』では一緒に活動してないんです。 では、どうしてこんなことになったかですが、恐らく話題集めにマスコミがデッチ上げたんです。つまりデマです。  

nakama29

nakama32

篠原涼子 We should be dancing動画 


スポンサードリンク