由美かおるいつまでもお美しい女優の由美かおるさん

なんと芸歴が半世紀を超えてます。

プロポーションが10代の頃と変わらないと言うから驚きです。

今でも10代の頃の洋服が問題なく着れちゃうそうです。

 

 


スポンサーリンク

由美かおるさんってどんな人?

由美かおる

由美かおるさんのプロフィール

 

由美かおるさんのプロフィール

本名: 西辻由美子 (にしつじ ゆみこ)
芸名: 由美かおる (ゆみ かおる)
生年月日: 1950年11月12日 68歳
出身地: 京都府京都市
血液型: B型
身長: 157cm
3サイズ: B86-W58-H86
職業: 女優(映画・TVドラマ・舞台・CМ)
活動期間 1962年~現在に至る
事務所: (有)トゥフロントと業務提携

 

おそらく皆さんは、ご存じないと思いますが由美かおるさんは
1953年に結成した『西野バレー団』に16歳の1962年に入団しました。

西野バレー団の初期メンバーになります。

これまでに由美かおるさんは、映画・テレビドラマ・舞台・CМと大活躍されました。

 

由美かおるさんの代表的な作品は
テレビドラマの『水戸黄門』シリーズです。

第6部 第2話「哀愁稗搗節 -宮崎-」
(1975年4月7日) –お鶴役
————————————————-
第7部 第33話「十七年目の泣き笑い -伊勢崎-」
(1977年1月3日) – おてる役
————————————————-
第8部 第12話「掏ってしまった仇討免状 -松阪-」
(1977年10月3日) – お吉役
————————————————-
第10部 第8話「関所の沙汰は銭次第 -新居-」
(1979年10月1日) – お駒役
————————————————-
第12部 第19話「初春・姫君替え玉騒動 -姫路-」
(1982年1月4日) – 雅姫・お蝶役
————————————————-
第13部 第20話「女桃太郎の鬼退治 -博多-」
(1983年2月28日) – 桃太郎役
————————————————-
第14部 第33話「じゃじゃ馬娘の婿選び -姫路-」
(1984年6月11日) –小百合役
————————————————-
第16部~第28部(1986年 – 2000年) –
かげろうお銀役
————————————————-
第28部 第4話「風雲渦巻く駿府城! -駿府・江尻-」
(2000年4月3日)おしず役(かげろうお銀との二役)
————————————————–
第29部~第42部(2001年 – 2011年) – 疾風のお娟役
————————————————–
第36部 第15話「お娟が挑んだ女の対決 -徳山-」
(2006年11月13日) – 浪路役(疾風のお娟との二役)


スポンサーリンク

 

 

「西野流呼吸法」とは?

西野流呼吸法とは、西野バレー団を結成した『西野皓三』さんが「気の力」を取り入れたて考案と創作したのが

西野流呼吸法です。

西野流呼吸法の目的


西野流呼吸法とは,西野晧三が創作した独特の足芯呼吸を中心とした一種の気功法である。足芯呼吸とは「足の裏(足芯)から息(エネルギー)を吸って頭頂部(百会)まで吸い上げ,体の全面に沿って臍下丹田に下ろし,全身に巡らせた後足の裏から吐く」一連の長息呼吸ことで全身が緩んで気の流れを整える効果がある。西野流呼吸法の特徴は全身の細胞を活性化するために行う「対気」という外気功の一種である。対気とはやや武術的な姿勢で対峙し上級者が気を発するもので,脱力していれば相手は気の力により後方に跳ね飛ばされる。 

この反応は身体が勝手に動くという感覚を伴いその様式はさまざまである。勢いよく飛び跳ねるもの,走り回るもの,踊るもの,転がるもの,固まるもの,笑うもの,叫ぶものなど非常に多彩で普段では発揮できない能力が出ることがある。

 

さらに心理面でも爽快感,多幸感,高揚感などが現れる。西野流呼吸法は,動作が簡潔でわかりやすく気を習得するためのもっとも効果的な方法のひとつと考えられる。

 

特に短時間での効果を期待する病人に対しても大いに有用な手段と思われ,当科では受診者と一般人を対象に5年前から週2回西野流呼吸法を指導している。今回われわれは、西野流呼吸法の具体的な効用について検討を行った。

 

西野流呼吸法のやり方

西野流呼吸法のやり方を詳しく書くと、説明が長文になってしまうので、今回は要点だけを簡単に書きますね。

 口から両足の裏に向かって「息を吐きおろしていく」

  1. 両足を肩幅程度に開いて立ちます。
  2. 上半身を前に倒し、前屈しながら両手を両足のつまみ先(または床)を触るようにしなから、足の裏へ向かって息を吐くイメージします。

 両足の裏から「ゆっくりと鼻から息を吸う」

    1. しっかりと息を吐いた状態から、今度は上半身を元に戻していきながらゆっくりと鼻で息を吸います。この時のイメージは「両足の裏から吸う」イメージです。
    2. このときに、足の裏➡へその辺り➡背骨➡頭頂部、の順にゆっくりと息を吸い上げるイメージです。
    3. 最期の頭頂部まで来る時は、両手は真上にあげている状態になります。
    4. その頭頂部に来た時に、一度息を止め吸いあげた空気を「へその辺り」まで下すイメージで、両手を左右に開きながら下げていきます。
    5. そのままゆっくりと手を下ろしながら、口からゆっくりと息を吐いていきます。

以上を「1日10分行う」のポイントです。これを毎日綴り返し続ければ、由美かおるさんのようなスタイルになれるかもね。


スポンサーリンク