テレビ朝日「相棒」シリーズで渋い味を出す

俳優の志水正義さんが膵臓がんのため60歳で

永眠されました。心よりお悔やみ申し上げます。

 

俳優の志水正義さん死去 60歳 

テレビ朝日「相棒」シリーズなどで知られる俳優の志水正義(しみず・せいぎ)さんが27日、死去されました。

60歳で、余り知られてませんが熊本県出身の人です。フェイスブックでがん闘病を公表していました。

 この日、フェイスブックで「本日9月27日、志水正義は永眠いたしました。

ありきたりな表現ではありますが、眠るように安らかに旅立ちました。

生前、みなさまには大変お世話になり、本当にありがとうございました。

お礼を申し上げても足りないくらいです。大変恐縮ではございますが、通夜・告別式は執り行いますが、フェイスブックでの報告は控えさせていただきます。

応援、本当にありがとうございました」と発表された。

志水さんは今年7月、すい臓がんと診断され、肝臓に転移していることを公表していました。

また、志水さんの友人で俳優の澤田誠志(61)は自身のブログで、志水さんの通夜、葬儀・告別式は近親者のみで執り行うことの様です。

心よりお悔やみ申し上げます。


スポンサーリンク

すい臓がんってどんな病気?

まずは、すい蔵の役割を知ろう

すい臓は、膵臓(すいぞう)と書きます。食べ物を消化するすい液を作り、十二指腸(じゅうにしちょう)に送り出すはたらきをしています。

また、血液中の糖分の量を調節するホルモンを作り、血液の中に送り出すはたらきもしています。

すい臓は胃の後ろにあり、長さは20cmほどの細長い形をしています。

すい液ってどんな液体なの?

すい臓で作られたすい液は十二指腸へと送られ、栄養を分解したりします。

① 口の中に入った食べ物は食道から胃を通り、十二指腸に運ばれその間に消化され粥状になります。
② 食べ物が十二指腸に着くと、十二指腸からホルモンが分泌され、刺激を受けたすい臓は、すい液を送り出します。

すい蔵がんの初期症状は

すい臓がんは、進行が早いにも関わらず初期症状が全くありません。

つまり早期発見が難しいことに加え、進行も速いために治療が難しいがんの1つと言われています。

膵臓がんが発見された時は、8割近い患者が手術できない状態になってます。

つまり死を待つだけです。それだけ恐ろしい癌とも言えます。

では、すい蔵がんが進行してる時の症状は

腹痛・食欲低下・体重減少・腰痛・背部痛・黄疸など・糖尿病の悪化

がんは、早期発見で早期治療が一番望ましいですが

すい蔵がんに関しては、早期発見で早期治療は困難で非常に難しいです。

よって、腹痛・食欲低下・体重減少・腰痛・背部痛・黄疸などが頻繁に起きたり持続する場合は

病院に行って検査した方が良いです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク