宮迫博之の今回の件の代償は余りにも大きく過ぎた

映画 アベンジャーズ ホークアイの声の吹き替えを担当してましたが

別の声優が担当すれば、違約金10億円以上の支払いは時間の問題ですね。

 

 


スポンサーリンク

宮迫本人と吉本興業で違約金を支払うことに

今回の吉本興業の対応は失敗だと言わざるえません。

 

吉本興業は、トカゲの尻尾切りの如くに入江慎也だけを6月4日付けで解雇にして残りは厳重注意で終わりましたよね

 

宮迫博之は、吉本にとって稼ぎ頭だから保身に回ったのでしょう。

 

事は日に日に悪い方向へと進んでます。

 

テレビ朝日さんも当初は、宮迫博之さんのアメトークMCには何ら変わりはありませんと仰ってましたが・・・

 

アメトークのスポンサー企業が逃げ出す始末

吉本興業とテレビ朝日にクレームの電話が殺到

 

それで吉本興業は、急遽、今回の件に関わった11人の謹慎処分にします。

①宮迫博之(49) ②田村亮(47) ③レイザーラモンHG(43) ④福島善成(41) ⑤くだまさし(45) ⑥パンチ浜崎(38) ⑦木村卓寛(43) ⑧ムーディー勝山(39) ⑨八十島宏行(35) ⑩常道裕史(36) ⑪ディエゴ(41)

 

中でも影響が大きいのは、コンビでもピンでも多数のレギュラー番組を持つ宮迫です。

 

宮迫博之がウソを認める。

宮迫は書面で「世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。

 

そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメント。

 

当初の「金銭をもらっていない」という発言はウソだったことを認めた。


スポンサーリンク

 

一方のテレビ朝日では、司会を務める「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、番組スポンサーに多数のクレームが入り、スポンサーが次々とCMを引き揚げるという異例の事態に。

 

今後の対応についてテレビ朝日広報部に聞くと「(宮迫に関しては)今後の出演を見合わせます。

 

収録済みの番組については、対応を慎重に検討している」と回答。相方の蛍原徹がピンで、またはピンチヒッターを迎えて司会をすることが予想される。

 

さらに宮迫がレギュラー出演する各局の番組は、放送中止、出演シーンのカットなどが相次ぎ、テレビ局は大混乱に陥っている。

 

もっと最悪なことが吉本興業を襲いかかろうとしている。

ディズニーの契約違反があった時の恐ろしさ尋常ではなく、ピエール瀧で実証済みです。

 

彼がコカインで逮捕されたことを受け、出演していたアニメ映画『アナと雪の女王』の声優交代が発表されました。

 

その違約金は10億円以上だったと言われていますから驚きです。

 

悪いことは重なるもので、実は、宮迫はディズニーの子会社であるマーベルの映画『アベンジャーズ』でホークアイの吹き替えを担当しているからですよ。

 

このままだと、宮迫の吹き替えは出来そうにもないので、別の声優に吹き替えさせれば10億円以上の違約金は時間の問題です。

 

まさか、宮迫一人で10億円の支払いは無理でしょう。

吉本興業との支払いになると思いますが。

 

良かったら私の関連記事をどうぞご覧ください。

宮迫博之はオワコン!吉本は厳重注意だが最悪で違約金10億円以上が

アメトーク存続の危機!軽弾みの行動がオフホワイトどころじゃない

 

 


スポンサーリンク