突然に襲ってくる心臓発作

芸能人だって例外なく襲ってくる急性心不全

心不全はどうして起きるのか?

自覚症状は?

 

急性心不全で亡くなった芸能人と有名人15人

 

 大杉漣(俳優)

世間と芸能界を驚かせた名俳優、大杉漣の突然の死

俳優・大杉蓮さんは2018年2月20日に出演していたドラマ『バイプレイヤーズ ?もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら?』の撮影翌日に急性心不全のため逝去しました。66歳

 

 黒田浩樹(格闘家)

過酷なトレーニングで心臓を酷使していた黒澤浩樹

聖心館空手道館長だった黒澤浩樹さんは2017年3月25日に急性心不全のため54歳の若さで逝去しました

 谷村孝(バレーボール選手)

バレーボール界に激震が走った谷村孝の死去

男子バレーボール元日本代表選手だった谷村孝さんは2017年9月3日に心筋梗塞のため35歳の若さで逝去しました。

 貴ノ浪(相撲取り)

あまりに早すぎる死を迎えた貴ノ浪

幕内優勝2回の実績を持つ元大関貴ノ浪・音羽山親方(本名は浪岡貞博)が、2015年6月20日に43歳の若さで急性心不全のため逝去しました。

 香川伸行(野球選手)

最後まで我を通した香川伸行

南海ホークス時代に活躍しその大柄な体から「ドカベン」の愛称で親しまれた元プロ野球選手の香川伸行さん。2014年に急性心筋梗塞により54歳の若さで亡くなってしまいました。

 地井武男(俳優)

突然亡くなり衝撃を与えた名俳優・地井武男

地井武男さんは『太陽にほえろ!(日本テレビ系)』『北の国から(フジテレビ系)』など往年の名作ドラマに出演し、バラエティー番組にも多数出演して人気を博していました。70歳

 IKUZONE(ロック歌手)

橈骨神経麻痺にも苦しめられたIKUZONE

1990年代から一躍人気を博したミクスチャー・ロックバンド「Dragon Ash」のメンバーでベーシストだったIKUZONEさん(本名は馬場育三)が2012年4月21日に急性心不全亡のため46歳の若さで亡くなりました。

 山口美江(タレント)

視聴者の心配が的中した山口美江

「元祖バイリンギャル」と呼ばれたタレントの山口美江さんが2012年3月7日に横浜市内にある自宅で亡くなっていたことが同月9日に発表されました。51歳

 松田直樹(サッカー選手)

若くして散った元日本代表サッカー選手

元サッカー日本代表選手であり、JFL(日本フットボールリーグ)の松本山雅FC所属だったDF・松田直樹さんが、2016年8月4日に長野県松本市内の病院で心筋梗塞のため34歳の若さで死去しました。


スポンサーリンク

 神戸みゆき(女優)

神戸みゆきの若すぎる死にファンが泣いた

神戸みゆきさんは『セーラームーン』のミュージカルや『仮面ライダー響鬼(テレビ朝日系)』のヒロインを務めて人気を博した女優でしたが、2007年の出演予定だったミュージカル『レ・ミゼラブル』を体調不良で降板すると、入退院を繰り返した暁に2008年6月18日に心不全のため24歳の若さで逝去しました。

 ジョシュア(モデル)

薬疑惑を持たれたジョシュア

ジョシュアさんはタレントのこずえ鈴さんの弟であり、当時タレントの土屋アンナさんの夫だったファッションモデルですが、2008年5月20日に心不全のため亡くなりました。25歳

 前田健(モノマネ)

芸能界に激震が走った前田健の突然の死去

アイドル・松浦亜弥さんのモノマネで知られている芸人の前田健さんは2016年4月24日午後7時頃に新宿三丁目の路上で嘔吐して倒れ、心肺停止状態で病院に搬送されましたが26日に急性心不全のため帰らぬ人となってしまいました。44歳

 松野莉奈(アイドル歌手)

死因が「致死性不整脈の疑い」と言われた松野莉奈

松野莉奈さんは「ももいろクローバーZ」の妹分として活躍している8人組アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバーでした。 2017年2月7日に出演を予定していた大阪でのコンサートを体調不良で欠席して自宅療養していましたが、翌8日朝に急死したと伝えられています。若干18歳の若さでの死であり、世間に衝撃を与えました。

 鶴ひろみ(声優)

ブルマ、ドキンちゃんの声優・鶴ひろみの訃報

鶴ひろみさんは人気テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』のドキンちゃんや、『ドラゴンボール』シリーズのブルマの声などを担当した声優でしたが、2017年11月16日に首都高速都心環状線内で大動脈剥離を発症して57歳の若さで亡くなってしまいました。

 阿藤快(俳優)

突然死した名脇役・阿藤快

阿藤快さんは当時普通に生活を送っていたようですが、2015年11月14日に突然大動脈瘤破裂を発症して69歳で亡くなってしまい世間や芸能界に激震が走りました。

 

急性心不全の原因と自覚症状は?

急性心不全の原因は?

上記の画像のように心臓の働きが不十分だと、心不全の種類や程度は、心臓のどの働きがどの程度低下しているのか、急激に心不全の症状が悪化したのか(急性心不全)、長期にわたり徐々に心不全の症状が悪化してきたのか(慢性心不全)により、様々です。

では、心臓の機能を低下させる原因はなに?

心臓の機能に原因がある場合

  • 虚血性心疾患:狭心症や心筋梗塞により、心臓の筋肉や血管に異常が起こり、心臓の動きが部分的に悪くなります。
  • 心筋症:心臓の筋肉が病気になり、心臓の機能が低下します。
  • 心筋炎:心臓の筋肉がウイルス感染等によって炎症を起こし、心臓の機能が低下します。
  • 心臓弁膜症:弁の働きが悪くなることで、血液を送り出す力が弱まります。
  • 不整脈:ポンプ機能のリズムに異常が起こり、心拍数が少なくなったり、多くなり過ぎたり、また心臓が規則的に動けなくなり、全身に必要な血液を送り出せなくなります。
  • 先天性心疾患:生まれつきの心臓の奇形等により、心臓の機能が弱まることがあります。

心臓の機能以外に原因がある場合

  • 高血圧:
    血圧が常に高いことで、長期間、心臓に負担がかかります。その結果、心臓の機能が徐々に低下します。
  • 貧血
  • 腎臓病
  • 悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法
  • 甲状腺機能亢進症・バセドウ病
  • 過度のアルコール摂取
  • ウイルス感染症
  • 薬物中毒

急性心不全の自覚症状は?

文章に代わり画像で説明しますネ

画像をクリックすると拡大されます。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク