吉本に感謝俳優の佐藤浩市は映画「空母のいぶき」で総理大臣役を演じた

漫画雑誌のインタビューで、総理大臣役についてた聞かれた

それで、佐藤は役の設定として「彼はストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまう設定にしてもらった」


大炎上が吉本のお陰で助かったの意味は?

 

映画「空母いぶき」
引用:映画「空母いぶき」 公式サイトより

原作を改変したことを明らかにするが、この発言が潰瘍性大腸炎という難病を患っている安倍首相を揶揄しているのではないかと大炎上したのです。

 

佐藤浩市が「そんなつもりなかった」と言った所で、世間は「腸弱い安倍総理ディスってる」と取るし、実際そう取る人が多かったから炎上してるわけで。

「不健全な人は仕事任せられない」とか、「金かかる透析患者はころせ」と言った植松聖みたいな優性論者が影響受けて増えるかもしれない。

只今、大炎上中

 

でっ!今回の吉本興行の闇営業のニュースで、 テレビと雑誌は闇営業の事ばかりで佐藤浩市の大炎上は一気に鎮火したのです。

 

それがよほど嬉しかったのか、タレントの明石家さんま(64歳)が、7月6日に放送されたラジオ番組「MBSヤングタウン 土曜日」(MBSラジオ)に出演。俳優の佐藤浩市(58歳)から「炎上してたのを吉本(興業)さんのおかげで助かりました」と連絡があったと語ったそうです。

 

また、僕は吉本さんにお礼を言わなくてはいけない。いろいろネットで炎上していたのを、吉本さんの“闇営業”の炎上で僕、助かりました。さんまさんから吉本の社長によろしくお伝えください」と動画メッセージが送られてきたと語った。

 

最後に、映画「空母いぶき」の紹介です。

空母いぶき



 

主要キャストの紹介

内閣総理大臣 垂水慶一郎 (佐藤浩市)

航空機搭載型護護衛艦〈いぶき〉
艦長 秋津竜太 (西島秀俊)
副長 新波歳也 (佐々木蔵之介)
群司令 湧井継治 (藤 竜也)
船務長 中根和久 (村上 淳)
砲雷長 葛城政直 (石田法嗣)
第92飛行群群司令 淵上晋 (戸次重幸)
アルバトロス隊隊長 迫水洋平 (市原隼人)
アルバトロス隊パイロット 柿沼正人 (平埜生成)

護衛艦〈はつゆき〉
艦長 瀬戸斉昭 (玉木 宏)

護衛艦〈あしたか〉
艦長 浦田鉄人 (工藤俊作)

護衛艦〈しらゆき〉
艦長 清家博史 (横田栄司)

潜水艦〈はやしお〉
艦長 滝 隆信 (髙嶋政宏)

船務長 有澤満彦 (堂珍嘉邦)

その他 大勢

映画のあらすじ

20XX年10月の酷い嵐に見舞われたある日、国籍不明の船団と船員が遭難者のふりをして日本の領土に上陸してしまう事件が発生してしまいます。日本の領土に上陸した工作員は、「ここは自国の領土である」と宣言。

さらに、日本に向かい発砲を繰り返し……。結果として、日本は船団に折れる形で事態を収拾します。そこで内閣総理大臣の垂水慶一郎は、日本領土を守るために新型護衛艦「いぶき」の就役と、その艦隊を旗船とし、新護衛隊群の創設することを組み込んだ「ペガサス計画」を発表します。

1年の月日が経ち、空母「いぶき」が完成。そして、「いぶき」の艦長には元・エースパイロットの秋津竜太が、副艦長には海上自衛隊所属の自衛官・新波歳也が務めることが決まりました。

そしてさらに年月が経ったある日、国籍不明の船団が再び日本へやってきます。

対応に迫られる空母「いぶき」と政府。そして、その様子を国民に伝えようとするジャーナリストたちと一般市民たち。危機的状況に陥る日本国民の姿を描かれます